外国人技能生受け入れや介護用品共の同購入に関しては、中部ウェルフェアサポート協同組合までご連絡ください

中部ウェルフェアサポート協同組合のロゴ

技能実習制度についてのご質問は

TEL:052-228-0561

受入までの流れ

1
申し込み
2
選考・面接
3
書類・寮準備
4
事前研修
5
出入国
6
入国後研修
7
配属

1.申し込み

当組合へ実習職種・人数等の相談。当組合への加入手続きを行っていただきます。

2.選考・面接

候補生の書類選考、および現地での面接を実施します。

3.書類・寮準備

各種必要な書類のご準備と雇用契約の締結。また、寮の手配を行っていただきます。

4.事前研修

現地の研修期間で約1ヶ月の日本語教育を行います。

5.出入国

必要書類を入国管理局に提出し、在留資格認定証明書交付・ビザの取得。

6.入国後研修

日本の研修センターにて、日本語や日本のマナー、文化を学びます。

7.配属

実習先企業様へ配属となり、晴れて勤務開始となります。

受け入れ後のサポート

1ヶ月に1度の実習先訪問。

職場で困っていることはないか?周囲との関係はうまく作れているか?当組合職員が定期的に訪問しサポートを行います。

実習生の生活もケア

職場で相談しにくいことや、生活面で困っていることなどのケアを行い、メンタル面のサポートを行います。

帰国後のフォロー

日本での実習を無事に終えた実習生が、母国で活躍できる人材となれるよう、帰国後も定期的なフォローを行い、国際的な友好関係を築き上げていきます。

3ケ月に1度の定期監査

労働関係法令や雇用契約が守られているか、当組合役員による定期監査を実施します。関係省庁への報告義務を怠らず、円滑な実習体制を構築します。

海外送り出し機関との密な連携

信頼できる送り出し機関と提携しているため、実習生の親族が病や事故にあったなどの情報をいち早くつかみ、迅速に対応していきます。